たまに

学校の先生や親御さん達から


「分数(微分積分、古文や漢文など)なんか知らなくても生きていけるじゃん」


「だから勉強しても意味ないじゃん」


とか子供達がいうのよ~・・・


なんて話題を振られることがあります。




この話題に関しまして、


おそらく・・・


こども達がいうことは、「正解」だと思います。




確かに、それらを知らなくても、生きていけますから。


 

ボウフラやミジンコや魚やサル等も、生きているのですから。






人間は、絶対普遍の死というものがある以上、生きているというか、自然や地球、宇宙といった全体的なものに、その種として「生かされている」ということなのだろうと思います。



「生かされている」のですから、


人生の目的や意味を考えるのは、不毛のような気がしますが・・・ 




人間として生かされている状況の中で、

やはり、


人間としての「高み」


に数ミリでも上に登りたい


と思うのは、当然のことだと思います。



そして、


そこからの眺めを実感したいと思うのは、


すごく自然のことです。





 

たとえば、


A君とB君を比べた時、全ての条件は全く同じで、唯一の違いがA君が「分数の計算ができる」ということだとしますと、


「人間の幅」「人間の深さ」といった人間としての卓越さで優劣をつけますと、もちろんA君に軍配があがりましょう。


もちろん他の条件が全く一緒という条件ではありますが。





また、


ひとつのことを知っていると、そのことが、その先の何十、何千、何万・・・といった事柄に、


さらに影響していきます。



知ってるか・知らないかで、世の中の見え方や、自分の感情や、周囲の人の状況、情報の集まり方、生活内容、可能性の広がりなど、未来が大きく変わります。




角度が一度違えば、


年月がたつにしたがって、


それが、何度、何十度と個人に差がでるということは、


想像するのに容易なことです。




簡単にいうと、そういうことで、


知らないより、知っているほうが断然良いのです。





ということで、


学校というものは、


その「人間としての高み」のある程度の場所まで、


「何も考えないで」連れて行ってあげるから、このバスに乗りなさい、


と言ってくれているようなものだと思いますので、



道を考えずに、高みに挑みたいならば、


そのシステムに便乗するのが、お得だと考えられるのではないでしょうか。






しかし、


人間としての高みに挑む方法は、星の数ほどございます。




先程のA君B君の例では分数のことを知っている以外は「すべて同じ」条件で話しましたが、実際にはそんなことはありません。




みんな自分の得意とする分野で、意識・無意識に限らず、


「人間としての高み」


に少しでも到達しようとしているのです。 



(例え家で1日中寝ているだけでも、それをしたことがない人にとってはその体験から得るものについては実感することができず、その境地を知ることができないと思います。)






つまり、結論としては、


みんな、


それぞれ、


自分の好む形で、


「人間としての高み」


に臨めば良いだけの話なのです。






ただし、それが、

様々なものとの関係の中で、

受け入れられるか、受け入れられないか、

個を存続させる条件を満たすことができるのか否かは、

また別の話です。





























このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています