『 生 き る 』 ・・・



なんと、まぶしく、うっとうしい


言葉でしょうか。







 しかし、



「生きる」



ということを、ちょっと時間を割いて考えてみますと、


生涯にわたり、心身に大きく影響をあたえる


とても重大な言葉だというのが分かります。





 

 まず、


「生きる」という言葉は、


行動的には、「能動的」な行動を意味します。





 能動的な行動には、


その意味や目的があるべきと考えるのが普通ですので、




その言葉をそのままに、その意味や目的を考えると、


私達は、答えの無いようなよくわからないその意味や目的を


あてもなく考える羽目になってしまいます。




 そして、その合ってるかどうか分からない意味や目的の達成の為に、


身を削って頑張らなければならなくなってしまうのです。




 しかし、まだ、意味や目的を思いついた人はいいのですが、


それが無い人は、ずっと悩みつづけなければならくなってしまいます。




 また、その目的が達成しているのかの判断は難しく、


達成しなかった場合には、心身ともに大きなダメージを負ってしまわなければなりません。




 そして、そんなことを、いろいろ考えていますと、さらに大きく神経をすり減らしてしまうのです。 






 

 そもそも



能動的な行動の主語は何なのでしょうか・・・




精神的なものをいうのか、



精神と肉体が合わさった自分をいうのか、



また、その中でも自分でコントロールできるものだけをいうのか、



自分でコントロールできないものまで含むのか、



では、睡眠・酔ったとき・教育や洗脳後・意識の無い時や本能の衝動は自分なのか、



自分の意志でどうにもできない体の活動や反応ははたして自分なのか、



そして、肉体的なものだとするとどういったレベルのものをいうのか、



原子・分子のミクロレベルでみると、人間はスカスカであるが、どこまでのことをいうのか、というか、どこまでが自分でどこからが他なのか、




などなど・・・・  





と考えますと、さらにまた考え込まないといけなくなってしまうのです。








 それらをふまえまして、




人生を左右する大きな言葉である



「生きる」という言葉に対して、





あらためて



「生きる」の認識を考える必要があると思うのです。






 

 つまり、 


「生きる」と考えるのではなく





 

『生かされている』




 

と考えるのが最も相応しいのではないかと思うのです。





 そのほうが、しっくりきますし、ラクに、スムーズに物事が考えられ、受入れられます。






 あたりまえのことですが、



私達は、 



自分に、家族や友達、その他の人に、空気や水、植物、動物、町や国、環境、法律、など・・・・


世の中、自然、宇宙などなど・・・・・・



に生かされていることを



再度認識する必要があります。






 「生」というのは、能動的に見えて、「受動的」なものであり、




自分に対する様々な事象やケースが示すように、 



みなさんも、


すべてのことが「生かされている」ということに繋がる


ことに反論がある人は皆無だと思います。







 



 まとめますと、



私達は、深く深く考えなくても、 



自分で考える意味、目標や目的、および意志、


および、それらの達成度や合否、勝敗、善悪や結果の如何、それに満足感や充足感の有無などに、


関係なく・・・




「生かされている」




ということなのです。








 ちなみに・・・




それでは、


私達は、受身なのだから、流されるままに、


何もすることなくボーっと、のほほーんと、していれば




「何時も生かしてくれる状況が続く」のかというと、



そうではない、ことを念のために言っておかなければなりません。






 「生かされている」というのは、



ある条件を満たしていれば「生かされる」のですが



その条件を満たさなければ「生かされる」ことはなくなるのです。





 そして、その条件は、何千、何億、何兆にものぼり、


自分で解決できるもの・できないものがあり、


ほとんどは自分では解決できないものですが、



生かされたければ、なんとか自分で解決できるものに関しては、


その条件をひとつずつクリアにしていく必要があります。







 そうすれば、



もちろんのこと、 



「生かして」いただける可能性は、非常に高まってくるのです。




























このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています