なお、我々は、基本的には、クライアントに対して、手技のみでアプローチを行いますが、様々なエネルギー補完手法の組み合わせにおいても、ベクトルおよびその積算量を間違わなければ、効果が期待できる可能性があることも、今までの説明でお分かりいただけると思います。





 ・言葉(話す、聞く) + 手技
 ・音楽(歌う、聴く) +手技
 ・思索(考える、考えさせる、休める) + 手技
 ・におい(嗅ぐ、発散する) + 手技
 ・映像(見る、見せる、見ない) + 手技
 ・食物、飲物(摂取、制限) + 手技
 ・運動(する、させる、休む) + 手技
 ・電気、磁気(高、低) + 手技
 ・磁場、電場(高、低)  + 手技
 ・温度、湿度(高、低)  + 手技
 ・気圧、濃度(高、低)  + 手技
 ・園芸 + 手技
 ・読書 + 手技
 ・犬猫(ふれあい) + 手技
 ・
 ・
 ・

 などのように多種多様なアプローチ方法が考えられるのです。











































このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています