ゆえに、我々カイロプラクティックの手技療法家は、どのような状況により、エネルギー・バランスの崩れが生じたのかをイメージして、構造的側面から





 (1)身体の総エネルギーの補完


 (2)身体内の正常な各エネルギー・ルートの確保





を目的とし、この両方を合わせて実現する為に、





 「エネルギーの流れの強さ」、「方向」、「時間(×回数)」





の3項目を常に意識して、患者に対して、





 「どの部位を」





エネルギー補完および調整における、直接の徒手接触





 「調整窓口」





にするか、を考えながら、施術計画を組み立て、実践する必要があります。




















































このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています